お勧めポットキャストランキング

第5位 ザ・ボイス そこまで言うか

第4位 とりかご放送

第3位   武田鉄矢・今朝の三枚おろし

 

第2位 トータルテンボスのぬきさしならナイト

 

第1位 タダしいyouに見える

 

一度拝聴する価値ありです。

Eストアーショップサーブ

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NMEYU+5ZIXRM+JD8+6IWSH" target="_blank">
<img border="0" width="250" height="250" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=160609350362&wid=001&eno=01&mid=s00000002510001096000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2NMEYU+5ZIXRM+JD8+6IWSH" alt="">

あなたにぴったりのサ高住がすぐに見つかる!サ高住特化型紹介サイト(サ高住ノート)

a8mat=2NMEYU+6NC9YQ+3AGQ+5ZEMP" target="_blank">
<img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=160609350402&wid=001&eno=01&mid=s00000015353001005000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=2NMEYU+6NC9YQ+3AGQ+5ZEMP" alt="">

乳癌

世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。

乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。生涯で乳癌に罹患する確率は、日本人女性で16人に1人、男性で極めて稀[要出典]である。欧米では8~10人に1人である。大阪府癌登録による成績では1975~2001年に診断された乳癌全罹患数(39,879例)のうち、男性乳癌は0.57%(226例)であった。また、Tajimaらは、男性乳癌の最頻値が60歳代であることを示した

wikipediaから引用

喘息

喘息ぜんそく、Asthma)は、慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的であるが、好酸球以外の炎症性細胞が主体のフェノタイプも存在する)、気流制限(典型例では、通常、可逆性あり)、気道過敏性の亢進を病態の基盤に有し、発作性に、呼吸困難、喘鳴、などの呼吸器症状をきたす症候群である。

気管支喘息(Bronchial Asthma)とも呼ばれ、東洋医学では哮喘と称される(哮は発作性の喘鳴を伴う呼吸疾患で、喘は保迫するが喘鳴は伴わない呼吸疾患である。双方は同時に見られることが多い為、はっきりと区別する事は難しい。虚証・実証に区別はされるが、気機(昇降出入)の失調で起こる)。

なお、鬱血性心不全により喘鳴、呼吸困難といった喘息類似の症状がみられることがあるが、喘息とは異なる病態である。

喘息をはじめとするアレルギーが関与する疾患の治療に関して、欧米の医師と日本の医師との認識の違いの大きさを指摘し、改善可能な点が多々残されていると主張する医師もいる[1]

wikipediaから引用

狂犬病

狂犬病(きょうけんびょう、英語: rabies)は、ラブドウイルス科リッサウイルス属狂犬病ウイルス (Rabies virus) を病原体とするウイルス性の人獣共通感染症である[1]などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病または恐水症 (hydrophobia) と呼ばれることもある(実際は水だけに限らず、も水と同様に感覚器に刺激を与えて痙攣等を起こす)。

毎年世界中で約5万人の死者を出しており、その95%以上はアフリカアジアである[1][2]。感染した動物に噛まれた人の40%は、15歳未満の子供であった[1]。ヒトからヒトへの伝播がなく大流行に繋がる恐れもないことから、感染症対策の優先度が低くなる傾向がある[3]

日本では、感染症法に基づく四類感染症に指定されており(感染症法6条5項5号参照)、イヌなどの狂犬病については狂犬病予防法の適用を受け(狂犬病予防法2条参照)、また、ウシウマなどの狂犬病については家畜伝染病として家畜伝染病予防法の適用を受ける(家畜伝染病予防法2条及び家畜伝染病予防法施行令1条参照)。

日本では咬傷事故を起こした動物は狂犬病感染の有無を確認するため、捕獲後2週間の係留観察が義務付けられている。係留観察中の動物が発症した場合は直ちに殺処分し、感染動物の組織から蛍光抗体法でウイルス抗原の検出を行う[4]

wikipediaから引用

 

 

シャンプー

シャンプー: shampoo[1])は、頭髪および頭皮を洗浄するための洗剤である。シャンプーの形状には粉末、固形、ペースト、液状などがあるが、現代ではほとんどが後者のものである[2]。原語はヒンズー語で「マッサージをして頭皮、毛髪を清潔に保つ」[3]である。

また、洗髪自体を「シャンプー」「シャンプーする」と言う。シャンプーで髪と頭皮を洗浄した後は、リンスコンディショナー、トリートメントなどで髪の保護をするのが一般的である。なお、洗髪の際にはシャンプーブラシが用いられることもある。

ペット用のシャンプーもあり、この場合は頭に限定せず、全身を洗浄するものである。車の外装用洗剤を「カーシャンプー」という場合もある。

 

wikipediaから引用